中高校生向けの
プログラミング教室



課題クリアのプロセスを考えつくす!

中学生向けの教室では、能力に応じてScratchもしくはUnityを利用したプログラミング学習を行います。
もちろん「パソコンは学校で触る程度しか操作したことがない」とおっしゃるお子様でも、基本から指導いたしますのでご心配いりません。またハコシステムは縦割り授業を採用しておりますので、同じ学び舎の仲間同士で切磋琢磨することも大切な学びとして捉えています。

高校生向けの教室では、様々なWEB系言語もしくは実践的なゲーム系のどちらかのプログラミングを習得していただきます。
高校生は基本的に、自立自律学習が基本です。
一方向の指導により知識だけを増やしても意味がありません。先ずはわからないことは自分で調べ、それでもわからないことを解決していく方法を考え尽くします。これは本当の意味での「学び方」を身に付けていただけます。

プログラミングに必要な技術とは、PCを操る技術だけではありません。それらを利用する人、提供する人など関わる様々な人の立場を考え、今よりも効率よく便利にかつ安心・安全に利用できることが求められます。

またプログラミング学習を通して、本格ツールの企画〜開発までの考察を繰り返すことで、社会に通用する論理的思考力と問題解決力を身に付けていただきます。

 


 

中学生向けのコース

スキルに合わせた個別指導

中学生に対する新学習指導要領では、プログラミングに関する記述が増え、プログラムの制作に加えて動作の確認や検証、評価、改善、修正まで行えることが求められるようになりました。
しかしながら、これらは学ぶ目的として「生活や社会における問題を解決する」という項目が追加されたことからもわかるように、プログラミングスキルを第一に求められているのではなく、小学校に引き続き論理的な思考力が求められています。
また、中学生コースでは、社会体験を通して現代社会で使われている技術や仕組みに対する理解を深め、もっと身近な社会に興味を持つような仕組みを取り入れてます。

 

高校生向けのコースは選択制

各コース毎に習得可能な言語

ゲームクリエイト


SCRATCH・Unity・JavaScript・C#・Boo

コース詳細

WEBシステム


SCRATCH・Python・Rudy・C#・JavaScript

コース詳細

高校生に対する新学習指導要領では、プログラミングの内容を含む科目「情報Ⅰ」が必修です。
高校生でも、プログラミングのスキルを身に付けることが第一に求められているのではなく、コンピュータで情報が処理される仕組みに着目・理解し、問題を発見して解決する力を身に付けることが大切だとされています。
小学校、中学校で培ってきたプログラミング的思考を活用することに加え、情報活用能力を深めることで、基礎的なプログラミングの知識、論理的な思考力、知識と多岐にわたる情報を精査し活用する力を育みます。

 


教室名 ハコシステム
受付時間 10:00~18:00まで
開講時間 18:30~21:00まで
うち中学生:90分、高校生:120分
開講日 月曜・火曜・水曜・木曜・金曜・土曜(土曜のみ午前中)
各曜日8名まで


京都府船井郡京丹波町須知鍋倉7(050-6870-2612)


初めての勉強は遊びから始める 育脳STANCE
幼児・低学向けの自立自律学習「育脳スタンス」はこちらから